院長コラム

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の臨床像について

現在わかっている

新型コロナに感染したときの臨床像は、2つのパターンに分けられます。
①風邪症状が1週間ぐらい続いて、そのまま軽快する。
この経過をとる人が大半です。新型コロナといっても、重めに発症するわけではありません。風邪です。ただ、普通の風邪は数日で治りますが、新型コロナだと長引くのが特徴です。
②風邪症状が1週間ぐらい続いて、倦怠感と息苦しさが出てくるもの。
体がむくんだり、下痢が重なる人もいるようです。高齢者や基礎疾患のある方において、この経過をとる人が多いのですが、健康な壮年層にも見られることがあります。一方、この経過を子どもがとることは極めて稀とされています。

潜伏期

潜伏期間は5日(1-11日)ぐらい。入院を要するほどに重症化するのは、さらに10日(9.1-12.5日)経ったころだと見積もられています。
感染力が強いのは、発症から3~4日目ぐらいだと考えられていますが、重症化すると感染力も維持されて院内感染を引き起こしやすくなっています。

重症化率と致命率

若者と高齢者で臨床経過が異なるので、世代別に考えた方がよいと思います。
世代別の疫学報告はまだ詳細にはありませんが、若者の重症化率と致命率は、統計的に見れば、ほぼゼロ%と考えられています。一方、感染した高齢者の1割ぐらいが重症化して、1%ぐらいが死亡するのではないかと言われています。
これは、やや甘めの見積もりであり、要介護高齢者や入院患者では、さらにリスクが高まるものと考えたほうがいいでしょう。

私たちは何をすべきか

もはや、流行を抑止することは主たる目的ではなくなってきました。重症化する人を減らし、とくに新型コロナに感染して死亡する人をできる限り減らすことに力を注ぐべきです。
つまり、高齢者や基礎疾患のある人に感染させないようにしましょうということと、院内感染を防ぎましょうということです。
(基礎疾患のある人とは、糖尿病や高血圧、腎臓病など慢性疾患があって、定期の内服薬を要する人だと考えてください)
ウイルスを外から持ち込まないように、玄関先にアルコールを置いて帰宅時の手指衛生を徹底してください。アルコールが手に入らないなら、おしぼりでもいいです(やらないよりはベター)。
風邪症状に過ぎないのに新型コロナかどうかを確認するためだけに、外来を受診することは避けてください。また、夜間・休日救急外来には新型コロナの重症患者もいるかもしれません。「ただの風邪」だったとしても、救急外来を受診することで新型コロナに感染して帰ってくることになるかもしれません。

 

一覧を見る

院長コラム

健康診断

当院のロゴについて

健康サポート

Facebook

吉田歯科クリニック

医療法人社団健徳会 吉田医院

〒234-0054
横浜市港南区港南台7-8-46
(港南台・洋光台駅から徒歩12分)
電話:045-832-0655
Fax:045-832-0689

詳しい地図を見る

診療時間

午前 9:00~12:00
午後 15:00~ 18:30

休診日

毎週水曜・土曜午後・日曜・祝日、第5週土曜